風俗には無いAV女優に応募するメリット

AV女優と言えばかなり特殊な職業に思えますが、一部の超有名女優を除き、多くのごく普通の方がデビューしています。最近ではDVDなどだけでなく、ネット配信なども増えコンテンツの幅は非常に広くなっているので、AV女優の応募先も比例して多くなっています。そのためAV女優は間違いなく稼げる仕事と言えるのですが、風俗と違うメリットとしては単価が高くリスクが低いということです。風俗で働く上では病気や事件など考えたくないようなリスクを想定しなければなりませんが、AV女優の場合には一回当たりの単価が高額なので、風俗のように毎日繰り返し数をこなすということもありません。そうすると自ずとリスクや負担も少なくなりますが、応募する側としても稼ぐやすく働きやすい職種になります。

AV女優になる前にメリットをチェック

AV女優は以前ほど特殊な仕事という訳では無く、今ではごく普通の女子大生やOLの方がアルバイト感覚で募集に参加しています。風俗やキャバクラなどよりも時間当たりの単価が圧倒的に高いので、旅行や留学の資金集めなどそれぞれの事情ごとのニーズを満たすためにも活用されています。これからこうしたAV女優の募集に応募しようとしている方にはこうしたお金が大きな後押しとなるでしょうが、風俗やキャバクラなどと比べても様々なメリットがあります。まず挙げられるのが働く上でのリスクです。風俗などは店側の管理外では客と一対一になる必要がありますが、AVは会社の仕事としてアダルトビデオを制作しているので、そうした事件などに巻き込まれる可能性も少なく、事前に検査なども徹底していることが多いので、性病などのリスクも一般人を相手にするよりもはるかに低いと言えます。