AV女優になるのに面接で履歴書は不要

誰でも簡単に挑戦することが出来るのがAV女優になるということです。
応募すれば18歳以上の女性ならばどなたでも面接を受けることが出来るのです。
面接の手順はそのプロダクションによっても異なりますが、共通していることは履歴書は特に必要がないということです。
普通の会社で働く時は必ず履歴書が重要となりますが、AVに出るのにあたっては今までの経歴などは全く関係なく気にしない部分なのです。ですから仕事を探している方は気軽にチャレンジすることも可能です。
無職期間が長かったとしても何も聞かれることはありませんし、どのくらい稼ぎたいのか、やりたくないタイプの仕事はあるかどうかなどを聞かれたりします。自分がやりたい仕事を決めることが出来るので、やりたくない仕事が多いからという理由で不採用になるわけではありません。

面接して仕事をスタートするまでの期間が短いことも多い

AV女優の仕事ですが、募集を見てエントリーして実際仕事をスタートするまでの期間が短いことが多いです。
まず面接の時点で「こんなお仕事がありますよ」と勧められることが多いです。
もし自分が良ければ承諾してすぐに仕事をスタートすることも可能なのです。
紹介出来る仕事を紹介して貰うことが出来ますが、やるかどうかは自分次第です。
もし紹介された仕事の中から自分に出来そうな物がなかった場合はお断りすることも自由です。
勿論仕事のことはちゃんと説明してくれますので、詳しいことを説明してくれないのに色々勧められてしまうということは一切ありません。出来ない仕事と出来る仕事をはっきり伝えておくことで、いつでもあなたにぴったりな仕事を紹介してくれます。