AV女優をするのだったら、単体女優は報酬が良い

効率よくお金を稼ぎたい場合、しかも正規雇用などではなく、ということになると、AV女優という選択肢があります。エッチなことを撮影して、たくさんのお金をもらうわけです。
この場合、いわゆる単体女優という、単独で名前が出るタイプだと高額な報酬が得られます。逆に、企画名が先行する企画女優というタイプだと、報酬が抑えられてしまいます。桁が違うことも珍しくありません。
もちろん単体女優の場合はそれなりのクオリティが要求されますが、そういった条件に応募してもその時点では特に損はありませんから、報酬がすごくもらえるのなら話を聞いてみたい、ということならそういう条件で話を聞けばいいでしょう。本来よりも少ない報酬だった場合、無理して話を受けないよう注意したいところです。

AV女優と風俗の大きな違いは健康面

効率よくお金がたくさんもらえる仕事に、水商売があります。特に風俗ならたくさん、スピーディーにお金が入ります。
しかし、AV女優の募集も選択肢に入れたほうがいいかもしれません。
AVの場合、データとして後に残るというリスクはあるのですが、性病のリスクが圧倒的に低いです。撮影に何度も性行為をすることはあるのですが、一本の作品なら限度があります。
大勢の相手に囲まれるようにして性行為をするものもありますが、それはそういう企画ですから、断ることもできます。
一般的にはせいぜい2、3人です。しかし風俗となると一日でそれくらいの数をこなすことが求められるでしょう。
知人に知られることも不安かもしれませんが、致命的な病気のリスクを抱えながら毎日暮らすのは精神的にも肉体的にも負担があります。その点についてもよく考えて判断しましょう。